めぐろうらいふ

クライミングへたくそ部の部長です。楽しいへたくそクライミングライフ。

日常ルーティンのフィットネスにボルダリングを強くお勧めする理由を書く

 

私がボルダリングを始めたのはフィットネス目的でした。運動不足にならないように定期的にやろうくらいに思っていたのですが、結構ハマって週に数回登っています。

ボルダリングをやるまでは知らない競技で取っつきにくかったのですが、普通にフィットネスジム感覚で出来る運動だと思います。体も締まってくるのでスタイルが良くなりました。

やる前はボルダリングっていうとイベント感があって毎日の運動感覚でやるものじゃないと思っていたのですが、全然そんなことありませんでした。

ボルダリングもフィットネスの一部に加えると結構楽しく運動できると思います。

今日はボルダリングをフィットネスとして行うのがすごくいいよという話をまとめます。

f:id:Meg-lon:20201129154229j:plain

フィットネスボルダリングのメリット

フィットネスボルダリングって言葉あるのかどうか分からないのですが・・・。

ボルダリングはフィットネスとして十分成り立つと思います。もうちょっとCMとかしたら良いような気もするけども。ボルダリングをフィットネスで行うメリットまとめます。

①ゲーム感覚でスポーツっぽくない

ボルダリングはゲーム性の高い個人競技です。体の動きを考えながら登って行きます。ただ単に手足を伸ばそうとするとバランスを崩したりホールドが持てなかったりするので、体全体の位置や登る順番を考えたりします。

これがゲーム性が高くてパズルのようで面白いです。

傾斜のきつい壁もありますが、最初は90°くらいの壁から始めて、自然に傾斜を増やして行きました。持久系ではなくて瞬発系の運動が多いので、時間をかけて長くやるウォーキングとかジョギングより楽な気はします。ダラダラ登れるし。

②ボルダリングジムは契約の縛りがない

普通のフィットネスジムって契約期間がありますよね?最低3ヶ月以上とか。

でもそんなにしょっちゅう行かないので、ペイできなくて使うのをやめました。

ヨガもそうだけどフィットネスジムに行きにくいのはそれが大きな理由。あの契約の縛りがある限り一生使わない気がする。

ボクシングとか、バイクとか、色々気になるのですが・・・残念。

でもボルダリングは1回料金なので完結します。

初回登録料が数百円くらいで、1回料金は時間にもよるけど1500〜2000円くらいのところが多いです。

この単発で済むのが本当に使い勝手良い。

他のフィットネスジムも真似してほしいよ。

③ストイックの押し付けがないと思う

フィットネスジムって意識高い人が来ているイメージなんだけども。

ストイックな人は近寄り難かったり、なんか自分ここにいてええんか?みたいな気分になっちゃっていました。

もりもりのゴリゴリトレーニングしている人がいたらなんかちょっとアウェー感を感じちゃうっていうか・・・。

ボルダリングジムっていろんな人がいるのでその辺はゆるゆる感がある。

もちろんストイックな人も沢山いるんだけど、困っていると教えてもらえたり話しかけてもらえたり結構フレンドリーな気がします。

フィットネスジムにはないフレンドリー感があるのでこれも続いた理由かもしれない。

④自分の体重で筋肉がつくので無理がない

筋トレって苦しくてあんまり攻められないのだけど、ボルダリングは手を離したら落ちる(マットがあって安全だけど)ので結構攻めるときは攻める。

でもせいぜい自分の体重なので、そんなに無理しているわけでもないです。

もちろん自分の体重ったって腕だけでは支えられないので十分な負荷なんだけど、意外とこれが全身運動で体幹も鍛えられて筋トレ要素高いと思います。

私は主にボルダリングで1年続けたら腹が割れました(30代女子なのよ!)

⑤ボルダリング以外のトレーニングや栄養に興味が行く

ボルダリングをやっているとどうしても筋肉足りねーなと思うことがあって、ちょいちょい他のトレーニングもやるようになりました。

と言っても毎日とかではなくて、思いついたときにやる程度なんですけど、腹筋ローラーとかセラバンドの硬いやつみたいなのは家でやっています。

スクワットとか腕立ても簡単にできて良い。ボルダリングジムに行けない日に家でやります。

その辺のフィットネス用品はボルダリングジムでも置いているところが結構あるので、やろうと思えばボルダリングで登った後に仕上げの攻め(笑)でトレーニングできます。私はやらないけどw

ボルダリングをした日の翌日、翌々日は筋肉痛が起きる日もあるので、早く治すためにプロテインを飲んだり食生活に気をつけるようになりました。

ボルダリングジムでもプロテインであろう謎の液を飲みながら登っている人が沢山いる。

あとブドウ糖常備している人多いw

そんな感じで脱線してトレーニングしたり食生活を送ったりできるので結構勉強になりました。

f:id:Meg-lon:20201129151737j:plain

ROCK CUBE | 体験(¥1600~)もOK 手軽にボルダリングを始めてみよう

フィットネスボルダリングのデメリット

結構気に入っているボルダリングなんですけど、やっていてちょっとなあ、と思うこともないわけではなかったのでまとめます。

①手の指が足のかかとみたいになる

これボルダリングを知らない人が聞くと「は?」てなるのですが、マジで手の指が足のかかとみたいな感じになります。角質がポロポロしてひび割れするような。

私はハンドクリームを毎日塗理まくってかかと感を消していますが、もっといくとヤスリで削るようになるそうです。

手の筋肉もモリモリついてくるので、かなりゴツい手になります。

②ボルダリングジム内の常連の内輪がうるさいとあんまり行きたくなくなる

ボルダリングジムに通っていると、常連同士が友達になるようなのですが、たま〜にボルダリングジムで常連さんがキャッキャウフフしていて居にくい時があります。

壁やマットのうえを占拠するとか、変な場所に荷物置くとか。たまーにそういうことがあるような。常連さんだとジムスタッフも注意しにくいのか放置されているみたい。

単純にお店としてどうなのって感じなのかな。まあ滅多にありませんが、なくもないです。

②強い人はどこまでも強いのでモチベーションが下がる時がある

ボルダリングって身体能力がすごい重要で、子供の頃からいろんなスポーツをやっている人は最初からうまかったりします。才能がある人はわけがわからんくらいうまい。

都内のジムだと選手やっている人を目撃することもあったりと、どんなに頑張っても自分よりもうまい人が沢山いるという状況になります。

あんまり気にしないようにしているのですが、私は女性なので「今日初めてボルダリングします」という男性が自分より登れることはよくあり、単純に悲しいです。

しょんぼり。

④足を怪我することもある

なんでもそうですがスポーツなので当然ながら怪我することもあります。

よくボルダリングジムで起きるのはマットの隙間に足が入ってグネンすることみたい。私は経験ありませんが、一緒に登っていた人がそうなっていたのは見たことがあります。

高いところに登って行く危ない競技なので当然一筆書かされていますし。救急車くらいは呼んでもらえるでしょうが、基本的には自分で解決するしかない。

(ジム内で救急車呼ぶほどの事故って聞いたことないけども)

普通のフィットネスジムからすると、やや怪我しやすいかなと思います。

ちなみに誤解のないように書いておきますが、私は怪我をしたことはありません。気をつけていれば安全です。

f:id:Meg-lon:20201128001921j:plain

新越谷・南越谷駅徒歩3分!初心者・キッズ大歓迎!! | 2フロア!!キッズウォール完備!!

総じてボルダリングはフィットネスに良いスポーツだと私は思っています。

あんまりそういう話をしてくれるクライマーは見たことがないけど・・・私の周りの人は単純にボルダリングが好きでやっているみたいなので。

私も確かにボルダリングは好きですが、なんだろ、色々ある楽しいことの1つ、くらいなのかな。それに貴重な運動習慣ですね。大事。

皆さんも日々のフィットネスに使いやすさナンバーワンのボルダリングジムを利用してみてはいかがでしょうか。

最後までお読み頂きありがとうございました。