めぐろうらいふ

クライミング歴2年、初心者を脱しようとしているクライマー。怪我なく楽しく遊ぶがモットー。クライミングと日々の遊びを記録。

一般のクライマーもパラクライミングを生で見た方がいいと思う理由

最近パラクライミングに夢中です。

インスタで日本代表選手をたまたまフォローしたのをきっかけに、パラクライミング動画を見る日々。

なんかいい話の動画を見て感動してしまい、へそくりを全部パラクライミングのNPO法人に寄付するという事態になりました。正直、やっちまったと思っています。

 

一言にパラクライミングって言っても、いろんなパラクライマーがいて、例えば目隠しで登る人とか、両手だけで登る人とか、片手だけとか、身体の片方だけとか、まあ色々あるわけです。

パラクライマーはみんなかなり個性的な登り方をしています。

その点一般クライマーはセオリーみたいなのが暗黙下にあって、みんな同じような感じで登ります(厳密には違うのだけども。大雑把な話してことで)

f:id:Meg-lon:20201122112025j:plain

以前あるジムに行った時に目隠しで登っている青年クライマーがいました。

白杖持っていたので視覚障害者の方だと思います。

相棒が下で「右手、2時の方向、もっと右、そうそれ!」と声をかけてホールドの場所を教えてくれて進んで行くのですが、なんせ見ていないので3点で身体を保持しながら自由な手でホールドを探さなくてはならない。

これ言葉で言うと簡単そうに聞こえるんだけど、クライマー諸君なら難しさが想像できるよね?

だって全てのホールドをそうやって探して保持していくわけで。

もちろん登る前に相棒に大まかなルートを口頭指示してもらったりはしているだろうけど、オブザベなしで、必ず3点で保持しながら次の手を出していくって、これ相当難しいぞ?

その目隠しクライマーをずっと見ていたのですが、3点で身体を支持するのがめちゃくちゃ安定する姿勢で。

ムーブ力の鬼みたいな人でした。

多分そうでないと手が出ないのかもしれないけど。

 

スポーツ系で有名な話かどうか分からないのだけど、身体の感覚の1つに深部感覚と言うものがあります。

感覚っていうと視覚、聴覚、触角とかとか、そういうものですが、深部感覚はその1つで、自分の四肢がどこにあるか?がちゃんと分かるという感覚です。

目をつぶって「手を水平に挙げてください」と言われたら、水平までなんとなく挙げられますよね。それが深部感覚。

クライミングのムーブって深部感覚をかなり使っていて、おお!あの人の登り、上手だなあ〜って思うようなムーブの人は深部感覚が優れています。

 

目隠しの青年クライマーは目隠ししている分、深部感覚が鋭敏なようでした。

見て真似できるようなムーブじゃなかった。本当に美しい登り方でした。

 

視覚障害者のように普段視力に頼らない生活をしている人は、他の感覚が鋭敏になるようで、私の知り合いの視覚障害者はものすごく耳が良くて、モノマネが凄まじく上手です。

テープに録音して再生するようにwあれなんか年がバレそうな言い方になってしまったけどもw

でも本当にテープに録音したものを再生するような感じなんですよね。ICレコーダーとかじゃなくて。

 

ちと脱線した。

その青年クライマーの登りを生で観て、めちゃ感動したわけだけども、帰ってきてyoutubeで目隠しクライマーの動画を見ると、なんかそうでもない。その感動がない。

もちろん動画のパラクライマーだってすごいんだよ?すごすぎる。

でも多分あれは現場で見るからすごいな!綺麗だな!ってものがあるような気がしています。

 

普通のクライマーの登りだって、生で見た方がいいでしょ?スポーツ観戦は、生の臨場感がいいわけで。そういうこと。

 

目隠しクライマーのあまりに美しい登り方を見て感動してしまった私は、いろんなパラクライミングの動画を見てみました。

恥ずかしながら私は運動器医学の専門家の端くれ(相当な端くれなので専門家を名乗るにもおこがましいのですが、分かりやすいのでこの表現をします)なので、もともと興味があったのですが、改めてじっくりパラクライミングを勉強?しました。

 

パラクライマーは生まれつき目が見えないとか、足が不自由とかもあるのでしょうが、例えば交通事故で脊髄を損傷して歩けなくなったような方がいたりとか、クライマーなので人生はそれぞれなようです。

クライマーって本当に人生色々あるよな・・・。

 

動画を見ていると車椅子の方でも単純に足が動かない人がいたり、そもそも足がない人がいたり、みんな色々。

みんな色々だから、みんなそれぞれ登り方を工夫しています。

ちなみに車椅子クライマーはキャンパだけで登ります。

足を使うクライマーはキャンパの時に足を振り子にして動きを出しますが、車椅子クライマーは足を使わないので上肢と体幹だけで身体を振ります。よーく見ないと分からないけど、これがすごい。超パワフルって感じ!

そんなこんなで、へーへーすごいすごいと言いながら動画を見たりインスタでフォローしたりしていたら、パラクライミング日本代表の選手と繋がって、メッセージするに至りましたwww

もう、恐れ多い。恐縮すぎる。

恐れ多すぎるのでやり取りはすぐ終わったのですが(めちゃくちゃいい人でなんか続けてくれたけど恥ずかしくなって失礼します〜って切っちゃったの^^;)、いろんなパラクライミングを一回生で見たいと思っています。というか見にいきます。

まあ、状況が落ち着いたらですけど^^;コロナ^^^^;;;

 

パラクライマーの登りって個性的だから、身体の何を使っているかがそれぞれ違ってすごく勉強になります。

コンペを見に行くのは今は難しいので、動画を見て勉強すると何かひらめきがあるかも!?

うーん、私はすごいなあ、くらいでまだ実用化されていないのだけど・・・

単純にパラクライミング面白いですw

おすすめでした〜♪( ´▽`)