めぐろうらいふ

毎日を楽しいで埋め尽くす!あとは人生を楽しむだけ☆

【ズボラ料理】そこそこ簡単ダイエットレシピ、洋風しょうが焼き定食レシピ

洋風しょうが焼きのダイエットレシピです!

味付けの量がいい加減でも作れます!私が料理するとき量計らないからね・・・。

材料が多いので減らせるもの、代用できるものもまとめます!

 

もくじ

 

今日のメニュー

・洋風しょうが焼き

・じゃがいものヨーグルトかけ

・そら豆の和え物

・しんなり和えサラダ

f:id:Meg-lon:20210521112322j:plain

私のレシピの注意点

めちゃくちゃいい加減でズボラです!同じものは2度と作れない。料理へたくそ選手権代表です。

お料理上手な人は参考にアレンジしちゃってください。ポイントを考慮すればいくらでも改善できると思いますwww

私レベルのお料理へたくそ選手は材料と工程が多すぎると嫌になっちゃうと思うので、簡略化できるものをまとめ、太字にしておきます!

 

レシピって材料多かったり工程長いと真似する気にならんくて・・・。

 

絶対にこれやってね!というのは赤字にします。

 

しょうが焼き

2人前

材料

豚肉ロースしょうが焼き用1パック、ハーブミックスソルト適量

しょうが(1かけ)、にんにく(1かけ)、だいこん(100gくらい、適当)、セロリ少々、パイナップル(1かけ)

作りかた

しょうが、にんにく、だいこんをおろし金でおろす。セロリとパイナップルはみじん切りにする。

豚肉にハーブミックスソルトを塗りこむ。両面に①を塗り、1時間〜半日やすませる。

油を引いたフライパンを弱火にし、両面をじっくり焼く(合わせて15分くらい)。

ポイント

①はタンパク質分解酵素の入っている食材、微生物で代用可能。1種類でも可。

例えば塩麹、グリーンキウイなど。用意が面倒ならしょうがとにんにくだけでも良い。

肉の硬さが気にならなければチューブしょうがとチューブにんにくでも良い。

セロリは洋風の風味が出るので使ったほうが良い。ハーブミックスソルトは味しおこしょうでも可。

焼くときは弱火にすること。表面に具材が付いているため焦げ付きを防ぐ。

コメント

①の食材で豚肉のタンパク質を分解し風味を付けます。やすませる時間が1時間くらいだと短いので、食べる数時間前にやっておいたほうが良いです。豚肉の状態がよければやすませる時間や①の材料は大幅にカットできるので、簡略化できます。

ちなみにタンパク質分解酵素の実験だとグリーンキウイが一番分解するらしい。しょうが、にんにく、キウイみじん切りでも良いかもね。

 

 

肉の分解の論文検索してたらすごい分かり易いのが出てきた。これ中学生の論文だって!頭良すぎる・・・。

https://www.city.chiba.jp/kyoiku/gakkokyoiku/kyoikushido/documents/022syoukakousonokenkyu.pdf

 

じゃがいもヨーグルトかけ

1人前

材料

じゃがいも(1個)、無糖ヨーグルト(大さじ3)、オリーブオイル(適量)、塩(少々)、粗挽きブラックペッパー(手で挽くやつゴリゴリゴリゴリ、くらい)

作りかた

沸騰した鍋にじゃがいもを皮のまま入れ、15分〜20分ほど茹でる。火が通ったら上げ、水道水を流しながら手で皮をむく。

じゃがいもを輪切りにし、食べやすい大きさにする。

じゃがいもの上にヨーグルト、オリーブオイル、塩をかけ、粗挽きブラックペッパーを挽く。

ポイント

ヨーグルトは必ず無糖。

じゃがいもは茹でてから水道水で流すと皮がするりとむける。面倒な時は皮をむいてから電子レンジで温めても良い。

粗挽きブラックペッパーは味しおこしょうでも代用可だが、手挽きの方が美味しい。

コメント

ご飯の代わりです。じゃがいもヨーグルトはおかず無しでも食べられるので軽食的に使えます。ヨーグルトは多めにかけた方が美味しいですが、水が出るのでワンプレートの時は注意してください。

 

そら豆の和え物

1人前

材料

そら豆、ごまドレッシング(適量)

作りかた

そら豆を茹で、むく。

ボウルにそら豆、ごまドレッシングを入れ和える。

ポイント

ごまドレッシングは余っている他のドレッシングでも代用可。

コメント

これはなくてもいいですね (笑)そら豆がめちゃくちゃ余っていたのでなんとなく作りました。

そのまま食べるのが飽きてきたのでごまドレで和えてみたのですが、マヨネーズでもいいしチリソースでもいいし味付けはお好みで〜って感じだと思います。

 

しんなり和えサラダ

2人前

材料

①キャベツ(200gくらい、適当)、紫玉ねぎ(1/4)、きゅうり(1/2くらい、適当)

塩(小さじ1)、ドレッシング(適量)

作りかた

①をそれぞれ食べやすい大きさに切る。

ボウルに①を入れ、塩を入れて、手でよく揉む。

10分ほど置き、①を手で絞り水けをとる。

①をボウルに入れたままドレッシングを入れ和える。

10分ほど置き、味をなじませる。

ポイント

塩が多すぎると後で塩辛くなってしまうので小さじ1程度にする。ワンプレートに盛る場合は水けを切っておいた方が良い。

ドレッシングと和えた後に少し置くと味がよく染み込む。

材料を簡略化するならキャベツと塩、ドレッシングだけでも可。

コメント

生野菜が食べにくいというリクエストがあったので塩で揉んでしんなりと作りました。やってみると味が染み込んで美味しかったです。

全体的に面倒!という場合は普通にキャベツにドレッシングかけただけでもいいと思いますが、塩で揉んでからドレッシングと和えると味が染み込んで美味しいです。じゃがいもを茹でている片手間でやったらそれほどだるくもなかったです。

 

この日かけたのは「ホテルニューオータニの何ちゃらドレッシング」でした。 

 ドレッシングが良いだけでサラダがご馳走になるので、ホテル使用を使うってのはかなりオススメです!!

 

このメニューを作るときのテンション

普段、適当にしか料理をしない人がこのメニューを作る日というのは、多分気が向いて料理をしてみよう!みたいに思ったときだと思います。私がそうだった。

1ヶ月に1回程度ある、まともなものが食べたい・・・という気持ちの時。

料理をするのが面倒<まともなものが食べたい

という方程式が完成した時に、あなたはこのメニューを作ることになるでしょう。

 

全行程での制作時間は2時間程度でした。一番時間かかったのは肉を休ませるのとじゃがいもを茹でるのです。

今回は肉を休ませる時間を1時間程度にしたのですが、やる気があるならば昼くらいに浸けて夜焼いて食べる感じがいいと思います。1時間じゃ足りなかった。

じゃがいもを茹でるのはめちゃくちゃ時間かかるし茹で上がったかわかんねーしですごく大変でした。

最終的にちょっと早くあげちゃって結局レンチンしました^^;

 

気が向いてレシピページを書いたのですが、ブログの更新頻度を上げるためにもズボラ料理のアップはしていこうかな〜と思っています。需要あるかわからないけどwww

次回のまともな料理は来月の予定です!それまではひたすらオートミール粥だよ!(^O^)/

 

ありがとうございました〜!!