めぐろうらいふ

クライミングへたくそ部の部長です。楽しいへたくそクライミングライフ。

【激しくネタバレ】映画ゴーン・ガール感想。登場人物の印象がコロコロ変わる!なんだかんだ言って一番やべえのは女なのさ

2014年アメリカのミステリー映画、ゴーン・ガールの感想です。

激しくネタバレしますので見てない人は引き返してね!

 

ゴーン・ガール (字幕版)

 

もくじ

 

あらすじ

あるアメリカの田舎町にて。妹が運営するバーに今日も遊びに行っていた主人公のニック・ダン。自宅に戻るといるはずの妻が消えていた。

自宅には荒らされた痕跡があり、警察に通報。

妻エイミーは両親が自分をモデルにした本を出版、それが大ヒットとなったこともあり有名人であった。警察は自体を重く判断しすぐさま公開捜査へと切り替える。

多くのボランティアが押しかけ妻エイミーの捜索に協力してくれるが、中にはミーハー心から訪れるものや食べ物をちょろまかすために来るものもいた。

エイミー失踪の疑惑はニックに集中する。テレビやネットでは悪意のある報道に満ちていた。

そんな中、ニックに愛人がいたことが判明する。妹にも疑惑を持たれ、孤立するニック。

しかしエイミーが仕掛けた結婚記念日のプレゼントから、これはエイミーの策略であることが判明する。

***

一方その頃エイミーは、車を走らせ単独でモーテルに泊まっていた。

エイミーはニックの浮気と結婚生活の不具合からニックに復讐すべく、自分がニックに殺害されたという偽装工作をし逃走していたのだった。

念密に練られた計画は順調であり、誰もがニックを疑っていた。警察すらも。

しかしモーテルで知り合った隣人に有り金を全て奪われてしまう。ここに来て初めて計画が狂ってしまうのだった。

そこでエイミーが利用したのは学生時代に付き合っていた恋人デジーであった。デジーを呼び出し涙ながらにニックに虐待されていたことを訴え、別荘にかくまってもらう。

そんな中、ニックがテレビのインタビューで妻への想いを語った。エイミーはそれを見て、ニックの元に帰ることを決める。

デジーはエイミーにとって邪魔な存在になった。エイミーはニックの時にそうしたように、偽装工作を働き、正当防衛に見せかけデジーを殺してしまう。

そして被害者を装い、ニックの元に帰った。

***

ニックや妹、ニックの弁護士、そして担当刑事はエイミーが行った偽装工作や殺人について気づいていたが、もう事件を捜査することはできなかった。解決してしまったのだ。

エイミーは不敵な笑みを浮かべながら今日もニックの朝食を作る。

そして夫を演じて、と言うのであった。

 

ネタバレ感想

この作品は隠し要素ないので思いっきりネタバレしていきますよ!

 

最低の旦那に同情してしまう話

最初の30分でこの映画の主人公はクソ野郎なのか、と誰もが思ったはず。

女を口説くのがうまいニック。それはいいんだけど中身が子供なのかなんなのか結婚にはさっぱり向いていな無責任男なのです。

失職してゲーム三昧、妻には切れる、口論では突き飛ばす。

ニックは最後まで暴力はふるっていない!と言っていますが私には立派な暴力夫に見えていますよ。突き飛ばして奥さん頭をゴーンしてたもの。クソ野郎め。

さらには講義での教え子に手を出す有様。この教え子が巨乳のパー子ちゃんでやりたいがためにこんなアホと付き合うなんてこいつ中学生かよ、って感じなのです。

盛りのついたサルみたいにやってやってやりまくる。時と場所を考えろクズめ。

そんな超ポンコツ夫ニックですが、ある時から急にかわいそうに思えて来ます。

この夫にこの妻、あり。

いやあ、浮気されて軽い暴力振るわれて、思ったのと違う旦那だなあってのはまあいろんな家庭があるからして理解できるのですが、そこでただ離婚するだけじゃなくて自分を殺した殺人者に見せかけて死刑にすることにより完全犯罪的に旦那を抹殺する、と言うサイコキラーというか、どの角度から見ても合法的に殺人しようとしている妻なのです。

怖すぎない?

むしろサクッと刃物で刺すとかして乱暴されたから正当防衛です!って言った方がまだわかると言うか、その程度の偽装なら理解できるのですが、殺人者の汚名を夫に着せるべく人間関係を構築し日記を数百ページ綴り、挙げ句の果てに自分の血液を抜いて地面に撒くという徹底ぶりで、すえおそろしくて私は震えておりました。

 

最初はクソ旦那に怒り心頭だったのですが、妻の本性が垣間見え初めてから「もうやめたげてええ」となり本当にクソ旦那に同情した。

こんな女とわかってたら夜逃げしてでも離婚したろうに。

妻の憎しみがすごすぎる。

執念がヤバイ。

怖い・・・女怖いよおおおお

 

妻の表情がおかしく見えてくる

この映画、冒頭とラストシーンがほとんど同じで妻が振り向いた顔とその頭を撫でる旦那の手なのですが、この妻の顔が全然違って見えるのです。

妻の第一印象はめちゃくちゃ綺麗な人!って感じでこんな綺麗な人いるのにアホなおっぱい学生に手を出すクソ旦那ほんとクソだなと思っていたのですが、妻の偽装工作が明るみになるにつれ妻が怖く見えてくるのです・・・・。

目が怖い・・・

表情が怖い・・・

完全にイっちゃってる人じゃん・・・

と、物語が進むにつれ180度違う人に見えるのがすごいです。演技力すごい。

そして見終わってから、最後の妻の顔について「言われてみればこいつ最初からおかしかったかも・・・」と、リアルのニュースでよくある隣人犯罪者についてインタビューを受けて適当なことを言う人みたいな感想を言い始めます。

夫婦でこの映画を見ていましたが、夫婦して「そう言えば・・・最初からおかしかったよねえ!!」と言い始めたので笑いましたw

 

おっぱいアホ子がすげームカつく

どうでもいいところですが浮気したクソ旦那の浮気相手が本当に本当にアホで、そんなアホと一緒にいるとクソ旦那もますますクソアホ旦那になってしまっているところが本当に腹立ちました。

捜査のために自宅に帰れなくなっちゃって妹の家に泊まるのだけど、どう言うわけか浮気相手のアホ子が深夜にやってきて「ヤッテ!」とおっぱいベロンとするのです。

妹の家な上に奥さんが失踪しているんだから流石のクソ旦那も最初はヤメレと言うのですが、結局朝までヤるのよ!!アホがあああああ!!!ムカつく!!!

そこは帰せよ!!アホか!!!

しかもこのアホ子はやっぱり記者会見で私が浮気相手デース☆って発表するんだよね。あほおおおおお!!!

このアホ子を見て、私は自分の旦那さんに「浮気するなら頭のいい子にしな・・・」と言うのでした。

あと巨乳の小娘って言われていたけどそんなに巨乳じゃないからね!カタチ悪いよ!!!

 

クソ旦那より可哀想な元カレ

クソ旦那は自分も悪いので妻に散々ひどい目に合わされ、一生いじめられるのですが、そんなクソ旦那以上に可哀想なのが学生時代の元カレデジー。

デジーは性格に難ありだけど基本的にはエイミーが好きで世話を焼いてくれているにも関わらず、もうそりゃあ簡単に一撃で殺されます。

この映画で唯一殺されたのがデジー。

可哀想すぎる。

元カレは基本的に何も悪いことしてないのに・・・。ただただ死んでいく金持ちなのでした。

 

知能犯の決定的な弱点

エイミーはほとんど完全犯罪を途中までできたのに、モーテルで有り金取られて予定が変更になっちゃってからグダグダになります。そのせいでデジーも殺されたようなもんだ。

ハーバード卒の超インテリエイミーだけど、優秀だから逆に思わぬところで油断してしまって計画が台無しに。

そのあとフォローしてなんとかするのは流石だけど、モーテルのどこの誰だか分からないようなガラの悪い奴の前で財布落とすってのは凡ミスすぎて酷かった・・・。

ワルは鼻が聞くから警察に通報されないって分かっているから取られちゃったでしょ。

普通だったらあの時ボコボコにされるか殺されるかしているけど、なぜかなかったね。

下手に抵抗しなかったせいもあるのかも。金さえゲットできればいいのかもしれん。

パターが入って嬉しくて飛び上がったり、財布落としたり、つまらないことでイラついて隣人のジュースに唾入れたり、そういうところで子供っぽさが出ています。

夫婦生活が上手くいかないからといって旦那を殺人犯に仕立てるとか、元カレにすぐ連絡するとか、その辺も成長しきれていない感じ。

普通に生きて大人になったら全体的にもうちょっと違う選択をするよね。当たり前だけども。

そこでタイトルに「ガール」と入っている意味が分かりました。

異常に頭が良くて、子供のまま大きくなったサイコキラーって、ほとんど幼稚園児が核兵器のボタンの前にいる感じだわ。

 

口の悪い妹は本当にいいやつだ

クソ旦那の双子の妹、めちゃくちゃ口が悪い。とにかく口が悪い。

でも女のカンでエイミーのことをなんとなく嫌っているのはすごいなあと思った。クソ旦那は喧嘩してもそんな風に考えてないみたいだったけど、双子の妹はいち早くこいつやべえなと思っていたみたいです。

そしてクソ旦那のおっぱいアホ子の件があっても、やっぱり最後まで裏切らずに味方でいてくれる。やっぱり家族ってのは大事だね。

まあ本来は夫婦もそうあるべきなのだけど、クソ旦那はクソだし、エイミーは基地外だしでこのケースでは残念な結果でした。

まあ喧嘩両成敗なのかしら。それにしても旦那が可哀想だけども。

クソ旦那にとって妹が最愛の人のようです。口悪いけどね。

 

徘徊する父ちゃん笑った

ニックの父ちゃんボケちゃって徘徊しているんだけど、保護した警察官にずっと悪態ついてるの笑えたwww

保護してくれたのにねえw

 

総じて。めちゃくちゃ怖くて面白い映画だった

ミステリー映画って書いてあるんだけどほとんどホラーみたいに怖い映画でした。

スプラッタ要素ないけど心に迫り来る怖さというか、骨の髄が冷えるというか。

何が怖いってエイミーの執着がすごい。ただやり返すでもなく、ただ殺すでもなく、旦那を犯罪者に仕立て上げるってのは恐ろしすぎる。そんなに嫌いになったら別れて忘れりゃいいのに。

計画のために人間関係を作るってのも・・・すごいことだなあと思いました。

執着って一番怖いことなのかもしれません。

ただ私としては何かのために人間関係を構築するってのは、参考にしたいなーとは思います。

だって・・・大事じゃん、そういうの。

エイミーは素晴らしい能力を持っているけど、その使い道が全くもっておかしかった。

もっと社会に有意義な使い方をすればいいのにね。

そんな感じでいろんなことを考えましたが、総じてはこれはほとんどホラー映画だな、と思いましたw

うちは夫婦で見ましたが、こえええ!とかなり盛り上がりました( ´∀`)

浮気はやっぱり良くないよ、と旦那さんに言うこともできましたwww

いやうちの旦那さんは浮気したことないけどね!人のフリ見て我がふり直せ!です。

こう言う映画だから、夫婦で見るってのもアリですね!

ぜひご覧ください〜\(^o^)/